サンダリーズweblog

スポンサーサイト--.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comment [-] | TrackBack [-]

«prev | home | next»

メリット5。現在地をどうぞ。2009.02.03

思い起こす事4ヶ月前、五反田の街に衝撃が走ったあの日
僕らは誓ったんだ。希望と言う名の、シュプールを描こう、って。





ごめんなさい、言ってみたかっただけです(m´・ω・`)m

そんな訳でね、
去年の10月にゲットしたスキー板なんですがなかなかゲレンデに出向く時間がなく・・・。
(その時の日記)
しかし今日、遂にやっとの事で行って来ました!!
1日だけの猶予だったので、場所はやっぱり東京から気軽に行けるGALA湯沢へ。

あ、そうそう、それはそうと例のスキー板、この4ヶ月の間に色々あったんですよ。
買った時に、板の滑走面を綺麗に削って、ベースのワックスをかける、いわゆる初期メンテナンスを一通り頼んで代金も払い、全て終わった状態で配送してもらう事になっていたのですが、
家に届いた板を見ると明らかにやってない、っつーかビニールすら剥がしてない・・・。
すぐにセールの主催会社に問い合わせると、その辺の関係を担当してる某G社に折り返し連絡させる、と。
で、申し訳ございません、と連絡が来てきちんとやってもらう事に。

G社 「ただ、申し訳ございません・・・。今から工場に送って作業するので、2週間ほどお時間が・・・。」

僕  「あ、別に急がないですから、いいですよ。」

まぁそりゃあ、その時はまだ10月。
冬までに届けてくれりゃあいいわけですからね。

そして2週間・・・





3週間・・・






1ヶ月・・・

おかしいな。




更に1ヶ月・・・・・・・・・・・・・

一切連絡が来ない( ゚Д゚)
つーかもう冬だし!!
さすがにどうなってるんだろうと思ってG社に問い合わせの電話をすると、

G社 「あ、申し訳ございません!!もう出来上がっているんですぅぅぅ!!」

もうこの時点で色々と問いただしたい事はあるんだけど、
まぁ使う予定もなかったわけだし、ごちゃごちゃガミガミ言っても仕方ないしね。
そんな小さな人間じゃないですよ、僕は。
いいんですよ、いいんですよ、僕の初めてのMy板を無事に届けてさえくれれば。


特に何も言わず、届けてもらう日取りだけ決めて、ギリギリ去年のうちにやっと我が家へやって来たんです。初めてのMy板、三上博史号。

そしてそんなMy板(三上博史号)のデビューがやっと決まったわけですから、前日からこう、いそいそと準備してたんですね。
そこでふと、目に留まったのが・・、

P1000128_convert_20090203000328.jpg

領収済の紙が貼り付けてありました。
あ、剥がしとかないと、と思って

P1000129_convert_20090203000738.jpg
ガリガリ、ガリガリ、

P1000130_convert_20090203000802.jpg
ガリガリガリガリ

P1000129_convert_20090203000738.jpg
ガリガリガリガリガリガリガリガリガリガリガリガリガリガリガリガリガリガリガリガリガリガリガリガリガリガリガリガリガリガリガリガリガリガリガリガリガリガリガリガリガリガリガリガリガリガリガリガリガリガリガリガリガリガリガリガリガリガリガリガリガリガリガリガリガリガリガリガリガリガリガリガリガリガリガリガリガリガリガリガリガリガリガリガリガリガリガリガリガリガリガリガリガリガリガリガリガリガリガリガリ・・・・・・・・・・
G社で一番偉い奴を連れて来い。


何でかな?何で貼るかな?
何で、剥がれない物を剥がさなきゃいけない場所に貼るかな??
もういいや。ガリガリやんのも疲れたし、雪まみれになって水分含めば剥がれるだろうと思って諦めました。


そして、そんな僕の大事な三上博史号(領収済)を手に、僕と共に五反田の乱を戦い抜いた勇者F原と共に今シーズン初滑りへと出向いたわけですよ!!!
GALA湯沢は前日からずっと雪が降ってて、
新幹線で向かう僕らはまさに「トンネルを抜けるとそこは雪国だった」だったわけで、

P1000132_convert_20090203003049.jpg
駅からゲレンデに向かうゴンドラ


P1000133_convert_20090203003248.jpg
ゲレンデ


P1000141_convert_20090203004203.jpg
勇者


前日から降っていた雪のお陰もあって、もう一面のパウダースノー。
軽く滑るだけで、雪しぶきが上がって、その雪が綺麗でさらさらと降りかかってくる・・・。
あぁ、なんて輝いてるんだ。
気付けば少しはしゃぎすぎたのか、読んで字のごとく、白い、粉のようなパウダースノーまみれになる僕とF原。
「まるで、ここの所の角界のように白い粉まみれだね。」
なんて笑い合いながら、素晴らしい1日を過ごしました☆

やっぱり、ゲレンデはいいね。


P1000139_convert_20090203004614.jpg
綺麗な景色に、


P1000140_convert_20090203004723.jpg
この開放感。
何か見切れてますが、一応僕ですw
あ、象さんの方が、もっと好きです。


今シーズンはあと何回行けるかな?
家に帰ってから、大事な三上博史号(領収済)を乾かそうと思ってケースから出すと、

P1000146_convert_20090203010157.jpg
さっきの紙が雪で濡れて、その下の値札がスケスケでした。
2000円の板だって、バレバレじゃないか・・・。

スポンサーサイト

Comment [0] | TrackBack [0]

«prev | home | next»

Comments

Add a comment

TrackBacks

TrackBack URL for this entry

http://sandalweblog.blog21.fc2.com/tb.php/20-7b945144

Template by ooq:blog
Powered by

FC2Ad

menu»
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。